2023年度「全技連マイスター」(建築大工)として認定された伝達式の様子がデーリー東北紙に掲載されました

蕪嶋神社の再建をはじめ、県内外の社寺の建築や改築を手がけてきた、弊社 社寺部長 清水栄作氏が2023年度の「全技連マイスター」として認定された伝達式の様子が、11月16日付けのデーリー東北紙面に大々的に掲載されました。

全技連マイスターとは
①各技能検定制度の特級・1級又は単一等級の試験に合格した技能士であること
②20年以上の実務経験があること
③優れた技能及び活動実績を持ち、後進の育成並びに技能の伝承に熱心な技能士であること

以上の内容を満たすことで『全技連マイスター』として認定されます。

全技連マイスター認定証伝達式の様子